あるタクシー会社の求人は未経験者

先日テレビの情報番組である地方都市のタクシー会社の様子を見ました。その会社では利用者から絶大な信頼を得ていたのです。しかし特別な事をしているのではなく、社員ひとりひとりがプライドを持ってお客さんに接しているのが印象に残りました。この会社では求人において、なるべく未経験の人を積極的に採用してきたそうです。そうする事によってその会社のお客さんへの気配りや、社員同士の横の繋がりを高めていく事ができてきたようです。乗務員と言うのは、仕事は一人でします。ですから普段は自由に動きまわる事ができます。そこに油断などが生まれ、散漫や傲慢になるケースがその会社でも以前にはあったそうです。そうならないためにも、求人を新しく教育していく事を経営者が選んだそうです。私はこれを見ていて、とにかく乗務員が明るく、わきあいあいと仕事をしていて、こんなタクシーなら乗ってみたいと感じました。

タクシードライバーの求人を探す

サラリーマンでも定年までの仕事が安泰ではない時代です。転職活動をしている人もいるでしょう。サラリーマンの転職先の一つにタクシードライバーがあります。タクシードライバーの給料は歩合制の会社が多く、自分の売り上げに応じて給料が支払われます。安定した給料がもらえるサラリーマンとは違いますが、その分やりがいを持って仕事が出来ます。勤務時間が長く、比較的自由な時間が多いのも特徴です。自由と言っても拘束時間内であるためお客さんを確保しなければなりませんが、一人の時間が多いのは事実です。一人で自由にでき、頑張ればその分お給料に反映される、というのに魅力を感じてサラリーマンから転職する人が多いようです。タクシードライバー募集の求人広告はよく見かけます。気になる人は求人広告を見て、自分の街のタクシー会社が募集していないかチェックしてみましょう。

東京ではタクシーの求人が多い

東京ではタクシーの求人が多く目につきます。二種免許を持っていなくても、入社してから取得させてもらえるようです。東京の道路はとても複雑というか範囲が広すぎてすべてを覚えるには相当の年数が必要なのではないでしょうか。地方都市ならある程度絞られた範囲でしか営業ができないため、その範囲の道路を大まかに覚えておけばあとはお客さんが教えてくれると思います。もちろん、それは東京であっても同じかもしれませんが、それにしても一番の困りごとは泥酔した人が乗車した場合でしょう。これは首都圏でも地方でも同じです。タクシードライバーはお客さんに失礼があってはいけませんが、行先がわからなかったり寝込んでしまってはどうしようもありません。肉体的にも精神的にもタフな人ならドライバーとして向いているでしょう。難しい職業だからこそ常に求人募集があるのでしょう。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト

*